Magento2 日本語化手順:公式日本語化パッケージ使用(2022年:バージョン2.4系)

イントロダクション

Magento2.4.*(2.4系)に対して公式日本語化ロケールパッケージをインストールする手順について紹介します。

なお、より自然な日本語表現にカスタマイズしたサードパーティ製の日本語ロケールパッケージのインストール手順については、こちらの記事をご参照ください。

Magento2日本語化手順

Magento2ストアの表示を公式日本語化ロケールパッケージを使って日本語化するには下記のような手順となります。

1.日本語化ロケールパッケージのダウンロード
2.日本語化ロケールのインストール
3.フロントエンドの日本語表示
4.管理画面(バックエンド)の日本語表示

【1】 日本語ロケールパッケージのダウンロード

GithubでAdobe社アカウント(magentoj)が公開している、magento2.4.5用の日本語ロケールパッケージ “language-ja_JP"をダウンロードします。

[Step.1]Githubの"language-ja_JP"パッケージソースのページへ移動
https://github.com/magentoj/language-ja_JP

[Step.2]”Download Zip”のセレクトボックス選択してZipファイルをダウンロードします。

【2】日本語化ロケールのインストール

自身のMagentoストアのCLIコンソールでアクセスして、magento_userでMagentoルートディレクトリへ移動します。
(*)"/path/to/magento/" の部分は適宜ご自身のサーバー環境に合わせてください。

$ su - magento_user
$ cd /path/to/magento/

拡張言語パッケージを配置するためのディレクトリを用意します。
./app/i18n/ の配下に magentoj/language-ja_jp という名前のディレクトリを作成。
Magentoの初期状態だと app のディレクトリは存在しますが、 i18n フォルダは存在しないので作成します。

$ mkdir ./app/i18n
$ mkdir ./app/i18n/magentoj
$ mkdir ./app/i18n/magentoj/language-ja_jp

Zipファイルを解凍して、ソースファイル一式をFTP/SFTPソフト等で ./app/i18n/magentoj/language-ja_jp ディレクトリへアップロード配置します。

アップロードしたファイルのパーミッションを設定しておきます。

$ sudo chown -R magento_user:www-data ./app/i18n
$ find ./app/i18n -type d -exec chmod 770 {} \;
$ find ./app/i18n -type f -exec chmod 660 {} \;

コンテンツデプロイ

翻訳リソースキャッシュファイル"js-translation.json"を削除してからデプロイして最後にキャッシュクリアをします。

$ cd /path/to/magento
$ rm pub/static/adminhtml/Magento/backend/ja_JP/js-translation.json
$ rm pub/static/frontend/Magento/luma/ja_JP/js-translation.json
$ php bin/magento setup:static-content:deploy ja_JP -f
$ php bin/magento cache:flush

【3】フロントエンドの日本語表示

[Step.1] 動作モードを"developer mode"に変更します。
“Locale Options::Locale" の設定変更は、MagnetoがDeveloperモードの時のみ変更できるため、最初にMagentoの動作モードをDeveloperモードに変更する必要があります。
Ref: https://experienceleague.adobe.com/docs/commerce-operations/configuration-guide/cli/set-mode.html?lang=en

$ php -f ./bin/magento deploy:mode:set developer

[Step.2] ロケール設定を“Japanese(Japan)”に変更します。
バックエンド画面 Stores > Configuration > General > Locale Options へ移動します。
すると、ロケール設定ページが表示されます。ここで"Japanese(Japan)"を選択して"Save Config"をクリックしてセーブします。

(※)もしもLocaleのドロップダウンが無効化されている場合。原因はMagentoの動作モードがDeveloperモードでないためです。その場合、前述[Step.1]の操作で"developer mode"に変更してください。

Magento2:"Japanese Language Pack【日本言語化パック】"ロケール設定画面ドロップダウン無効時

[Step.3]設定キャッシュをクリアします。

$ php -f ./bin/magento cache:flush

【4】 管理画面(バックエンド)の日本語表示

バックエンド画面(管理者ページ)の言語表示設定は管理者ユーザーごとに設定します。
バックエンド画面に移動
System > Permission > All Users > 変更する対象ユーザーをクリックします。
“Japanese(Japan)"を選択
次回ログイン後、バックエンド画面が日本語表示になります。

管理者ユーザー言語設定画面イメージ